2010年04月01日

【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)

先番 天元 山下敬吾

   十段 張栩

   持ち時間各4時間

   黒6目半コミ出し

   36手まで

 

 張栩(ちょうう)十段(棋聖・王座・碁聖)に山下敬吾天元が挑戦する産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第48期十段戦五番勝負」第2局が25日午前9時30分、東京・日本棋院の「幽玄の間」で始まった。持ち時間は各4時間の1日打ち切り制。

 立会人の高木祥一九段の合図に、黒番の山下天元は右上星に第1着を打ちおろした。時間をかけず張十段は左下の星と応じた。淡々と布石が進んでいたが右辺の黒模様へ白18と打ち込んで早くも戦端が開かれた。張十段があまり時間を使わず打ち、36手まで進んだところで昼食休憩に入った。

 解説の石田章九段は「地にからい張十段、厚みの山下天元と棋風通りの展開。黒が右下からどうまとめるかがポイントになるでしょう」と語った。熱戦の模様はMSN産経ニュースとQRコードからアクセスした携帯サイトでライブ中継している。

逮捕49歳男は通院患者 京大病院爆発物騒ぎ(産経新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
京都銀、1000件分の顧客情報を紛失(産経新聞)
小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
自民府議団3人離脱 分裂3度目 橋下知事に賛同(産経新聞)
posted by ソネ マサオ at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。